2005年 12月 13日

なんだかな

1リットルの涙ってドラマあるじゃないですか。
アレと同じような病気の人が小学校のころどえれー後輩におったきがするんだわ。
あれはどうなるんじゃ?

よし、今から思いついた限りの商売を考えよう。

ヘルパーとか障害者や高齢者市場ってのは意外と大きいんじゃないだろうか?
前提条件としては高齢者が所得をたくさんもっているかだな。

CDの音楽データを任意の形式でHDDに迅速に行うサービスはどうだろう?
たとえば500枚ものCDコレクションがあるが、
面倒なので誰かやってくれないかとかいう人がいたらどうだろう?
外付けのHDDに音楽データを最高音質で転送し、
そのHDDを売りつける。
CDの持ち主はHDDからデータをPCに移したり、ipodなどに送ればいいだろう。
そして、CDを保管するスペースもかなり減る。
著作権?インスパイアしましたが何か?

浄水器はどうだろう?
いや、宗教団体の資金源ではなくな。
これから地震があるとかないとか言うし、
水の問題は深刻だ。
そこで、移動可能な浄水器を用意し、汚水を浄化し、売る。
すごいいやなヤツだな。

自分の家にスポーツジムを開業する。
開業ではなく、共同使用ジムと銘打って。
入り口に「共同使用のジムです、器具は正しく、かつ譲り合って使用しましょう。運営資金にご協力ください。」
的なことを書いて張っておく。
需要が無いか。

銀行強盗をする。
バッグに金を詰めて捨てておく。
着替えてとりに行く。
警察に持っていく。
謝礼ゲッチュ。
または、防水加工して海に放り込む。
15年後にもぐってとりに行く。
15年も持たないだろうな。腐ってる。

ロボット開発はどうだろう?
いまさらか。
人型ロボットの需要はかなり大きそうだ。
イベントに貸し出しとかできるしな。
もう遅いな。

ああ、いかん。
画期的だとひらめいても大抵のことはもう誰かが先にやってる。
くそぅ!
ベンチャー企業とかいうけど、やっぱりある程度の基礎がいるわけだから、
個人で始められることと言えばせいぜい株くらいだな。

うーん、こんなこと考えてないで勉強でもしたほうがよっぽどいいか。
経済ってのは数字がたくさん並んでるな。
[PR]

by ground_slam | 2005-12-13 22:39 | J


<< 眠い      テスト週間完全終了、そして留年... >>