Government Zero

groundzero.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 08日

最近・・・・・

なんだか毎日事故を起こしかねないのですよ。
ええ。
主に自動車が「幅寄せ」をしてくるのです。
自転車に乗っているときにそれをされると本当に困ります。
それと、原付に幅寄せしてる自動車のせいで原付の真後ろで停車することになるとき。
この二つはとても迷惑です。

え?なぜ「自転車が車道を走ってる」の?
これを本気で言う方が多いのはとても気になります。
あなたは重度の脳障害や、常軌を逸した言動で一度医療機関へ出向くべきです。
保険は降りません。また、診療してくれるかも怪しいものです。

さて、本題。
「命を軽視した人が多すぎる。」
これに尽きます。
いや、栃木で刺すとかそういうのはまた異常な行動ですので、
今回は除かせていただきます。
また、「強姦件数よりも多い児童虐待」も除かせていただきます。
どうぞご了承ください。
道路上について書きましょう。

危険運転。
左右に蛇行したり。
急発進・停車をしたり。
幅寄せをしたり。
これ以外に書けばキリがありません。
それに危険予測をしない人。
まあこれも危険運転ですが。

また、警察官も同様です。
見てみぬフリです。
基本的に取り締まり件数や点数の「ノルマ」は無いはずですので、
月末や週末に取り締まりを強化する必要は無いはずです。
いわゆるネズミ捕りという速度違反を取り締まるいんちきです。
あんなものはいくらでも改竄できるのでまったく正確でありません。
法廷速度で走っていてもいきなり取り締まられてしまうご時世です。
気をつけましょう。

で、「命を軽視~」ですが。
「轢いても人身じゃ無ければいい。」のような風潮があるのは確かです。
示談で済めば保険会社から登録を断られたり、保険料が高くなる。
そして免許停止だけ。
金さえ出せば事件のもみ消しだってできるご時世でもあります。

土建業の方や若者(「ばかもの」と読みます。)に多く見られるのですが、
その場で凄んでしまえば後腐れも無いと考えている人が多いのです。
こういう人の中で一握りの方はいわゆる「本職」で、
警察も仲間ですので小額の金をもらってあきらめましょう。
また、その大部分の人は「騙り」です。
何とか身元を割り出しましょう。
車のナンバーを覚えるだけで結構です。
ナンバーがわかれば警察や陸運局で調べがつきます。
裁判になれば「凄まれた」などと言えば情状酌量も無い上に治療費や慰謝料も小額ですが取れます。
保険会社も切り捨てができるのである程度支払いがあるでしょう。
そして、もう社会に完全復帰という形は不可能に近くなるので社会に貢献したことにもなります。
勇者と言われるでしょう。

「おばさんおじさん」
今「団塊の世代」と言われる方々の退職が流行しています。
ニュースや新聞でもたまに見かけることはあるでしょう。
大体それらの方に多い傾向があります。
それは「自分が偉い」です。
彼らは自分達の世代が日本を作ったと驕っています。
勘違いです。
しかし、大部分の人はそう思っていない優良運転手です。
彼らは本体だけでは力がまったくありません。
健全な男子学生なら殴っただけで死に至ります。
気をつけましょう。
まず、肉体的に劣っています。
よって方向指示器を出せなかったり、判断がとても鈍いです。
それは良いのです。
誰でもいずれはそうなります。
それより彼らの根性はどこかで45°程度は曲がっています。
斜め上です。
自分が悪いとは思いません。
先ほどの凄んでくる方々とそう変わりません。
そして彼らは間違いを指摘されるのが大嫌いなのです。
もうそういう人種と思ってください。
ちなみに大抵の場合は小金持ちというクラスですので、
取れるだけとってあげましょう。
そうすればこちらは懐が暖まりますし、
彼らは老後を留置場や監視つきですごさずにすむので、どちらにとってもメリットがあります。
しかし、社会から駆逐されるわけではないので第二次第三次の被害を起こす恐れがあるので危険ではあります。

まあ憤りキターって感じですわ。
[PR]

by ground_slam | 2005-12-08 21:20 | J


<< 最近      こいつは・・・・・・・・ >>