Government Zero

groundzero.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 21日

趣旨がエ

はい、やってまいりました。
今日のg耐久一人眠気覚まし。

今夜はとてもすごくぜんぜん使えない応急処置をお教えいたしましょう。

ケース一。
転んだときの擦過傷。
擦過傷というのはまあただの擦り傷ですね。
ええ。

ところがどっこい、なんかまあ。
汚いところだとたまにかかるんですわ。
空気読めない破傷風が。

まあそれはほっといて、
簡単な応急処置をお教えしましょう。

まずは用意するものから。
     
    水。

これだけ。
これ以外は基本的に何もいりません。
ガーゼや消毒や包帯や絆創膏はおまけです。
あれが飾りだということがなぜわからんのです。
あんなもん貼る文化が先行したからいかんのですよ。
あ、でもばい菌とか防ぐのに効果が少しくらいあるんじゃないですか。

まずは水で傷口を血が止まるまで流します。
あとは気分で絆創膏なんかを貼ったらいいんじゃないですか?
別にどうでもいいですよ。

とまあこんな感じ。
しかし、これが全部の擦り傷にキクなんて思ってるのは鼻くそ食べてるドキュンちゃんといっしょ。
もうお前は暴走族レベル。
フルスモークで借金抱えてる勘違いVIP乗りと同じ。
バカ。

大きな傷をではなくて深めの擦過傷や出血の多い場合は、
素直にタオルか何かで止血したほうがいいです。
止血しつつ水で傷口を流しましょう。
そうすれば大丈夫。
あとはガーゼと包帯を巻いておけば大丈夫。
まあそこまで準備のいいやつなんて本気モードの俺くらいしかいませんがね。


次に虫刺され。
この季節正直ウザイですよね。
もううちの学校の教師連中よりはやっぱましです。
お教えしましょう。

蚊やブヨとかに刺された場合はですね。
水で流しつつさされた場所の周りを揉み解し、
毒を外に出すことが大切ですね。
だいたいこれで痒くなったりはしませんよ。
個人差大きすぎですがね。

蜂とかにさされた場合。
もうねー空気読めない人は本当にいるんですわ。
俺の名前がそうですねー
乱とか一揆起こした人と同じなんですわ。
もうマジで。
それで
「わーいgに刺されたー」
とか言いよるんです。

まあそれはおいときましょうね。
基本的には蚊にさされた場合と同じことをすればオッケーです。
その後は傷口を氷などで冷やすといいですよ。
痛みを緩和できます。
そしてすぐに病院に行ってください。
それだけです。


あーあと水っていっても川の水とかだめですよ。
もう本当に上流で不純物がまったくといっていいほどない場合は除きます。
本当なら蒸留水や精製水を使うのが望ましいですが、
んなことできるのは大きな病院くらいです。
自分の家が医療具なんかつくってる人は別ですがね。
水道水がポピュラーです。


よし、調子にのって火傷までいっちゃおう。
火傷をしたら、
場合によりますがが多すぎるので説明がめんどくさいのは確かだ。

指先なんかにフライパンとかが当たった場合は、
素直に水で冷やしましょう。
それ以外の方法は特にありません。
絆創膏とか貼るのはやめたほうが無難です。
素直に痛みを楽しめ、ウェーハッハッハ。

お湯をかぶってしまった場合。
たいていこんなことすると十度の火傷をおいますよね。
服とか脱いだりすると皮膚が取れてしまったりするのでやめたほうがいいです。
そういうときは最後の力を振り絞って自力で病院にいくか、
救急車とかよんじゃったほうが楽ですよ。
自分で治すにはかなりの難しさ。

まあ火傷はしないほうがいいですよ。
痛いし、治りにくいし、
あんなのはMに任せておけばいいのです。


切り傷もやっちまえ。
切り傷の場合はあれですよ。
擦過傷のさら深いのがひとつになったと考えればいいっぽいんですよ。

水で流す。
止血する。
上から包帯かなんか巻いちまう。

だいたい、完全に止血するのは何時間もかかっちまうことがおおいんですよ。
特別なひとはおいといてね。
深さにもよりますがね。

本気ででかい傷の場合は病院で縫合してもらいましょう。
でないといつまでたっても
「あ、また血が出てるよHAHAHA」
みたいな状況に陥ることもあります。
運動は傷が完全にくっつくまでは開くことがあるのでやめとけバカ。
当たり前。


あと、これは自分の経験。
つーか上のやつ全部やったことあるがね。
縫合以外。

削ぎ傷っつーか肉削いじまった場合はですね。
まずは止血ですよ。
そして、ソフトな消毒。
アルコールがいいです。
オキシドールはかけるとそこが一気に腐るんでやめたほうが無難。
それからまあ、これは本当に俺の場合ですがね。
タバコあるじゃないですか。
葉巻が最高なんですがね。
あれの葉っぱをばらして、
それを指に盛ってガーゼつけて包帯巻いとく。
これやると指にばい菌入りにくくなっちゃったりしちゃうこともありますからね。
正直タバコは大嫌いです。
麻薬と変わりません。
というかタバコの葉っぱもヤクですがね。
だから痛みとかも和らぐんですわ。



あ、小咄思いついた。

ある町で交通事故がおきた。
片方は品位ある老紳士で、
もう片方は気のいい青年でした。
老紳士は、車から出てきて、
青年に小さなボトルを渡しました。
「これを飲んで落ち着いてください。」
と。
青年はそのボトルの中身を半分ほど飲み干して。
「どうぞあなたも飲んでください。」
と差し出した。
老紳士は答えました。
「いいえ、私は事情聴取が終わった後にゆっくりいただきます。」
そのボトルの中身はブランデーだったそうな。
おしまい。


正直微妙だな。
[PR]

by ground_slam | 2005-08-21 00:49 | M


<< おいおい      ストレシング >>